ホーム > date > スキャンされた原本を専用のフォーマットに入力してデータを整理

スキャンされた原本を専用のフォーマットに入力してデータを整理

データ入力と言ってもその業務にはいくつか種類があります。例えば名刺入力です。企業が名刺交換などで取得した名刺をデータ化するために原本をスキャンし、それを姓と名に分けて入力してデータ化します。それによってわざわざ名刺を探さなくてもデータの中で検索するなどして目的の物をすぐに見つけ出すことができるのです。


zaiq03.gifまたその他にはお中元やお歳暮などの注文のデータ化です。スキャンされた原本を専用のフォーマットに入力してデータを整理します。たくさんの注文があるものに関してはこうしてデータ化した方が効率よく発注作業がしやすいというメリットがあります。


これらのデータ入力作業は基本的には人の手によって行われます。しかしそれでは精度に問題が出るため、同じ原本を複数人が入力した結果から正しいものを採用してデータとします。こうすることで精度が増し、信憑性の高いデータになるのです。


データ量が多ければ多いほど入力業務にあたる人はたくさん必要なのですが、同じデータを複数人が入力しなければならないためデータ量に関わらずある程度の人数が業務にあたる必要があります。この業務に難しい知識は必要ありませんが、てきぱきと数をこなすことが大切となります。稼げるようになったらこうなる。

在宅ワークデータ入力を知る

在宅ワークデータ入力


人気ランキング



キーワード