ホーム > blog > 子どもの看護時に在宅勤務できる制度「キッズ在宅」

子どもの看護時に在宅勤務できる制度「キッズ在宅」

子どもの看護時に在宅勤務できる制度「キッズ在宅」など育児面でも社員をフォローしており、契約した労働時間を上限に在宅勤務の時間に充てられる。出産・育児を経ても女性が長く継続して働くことができると評判となり、現在、同社の全社員に占める女性の割合は30%を超えている。「性別に関係なく優秀な社員に長く働いてほしい」とする会社側の意図により、これらの制度は確立していった。

data95.gif■ 副業・兼業の容認 リクルートやヤフーをはじめ、多くのベンチャー企業は副業を認めている。ベンチャー企業には、自分もいずれ起業して独立したいという目標を持っている社員が一定数いる。彼らは会社に所属しながらもビジネスプランやサービスを考案し続けている状態だ。仕事内容に通ずるところがあれば、彼らの副業を認めることは現在の会社に好影響を与えることも十分にあり得る。

引用 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00000011-konline-bus_all


人気ランキング



キーワード